社会貢献

社会貢献の取り組み CSR

J‘s Factoryは、熊本地震へ緊急義援金として100万円の寄付を決めました。

又、熊本地震を罹災した当社雇用者(正社員、契約社員含む)及び罹災した家族を持つ当社雇用者に見舞金の支給と、特別休暇の付与を決めました。

[ 2016/4/22 ]

 社会貢献の取組み

私たちJ's Factoryでは、社会に必要とされる企業、又社会になくてはならない企業を目指して、社会の成員として社会貢献活動に取り組んでおります。

 そして、その為に循環型の企業になりたいとも考えています。

 企業として、その事業内容を持って社会に貢献し、社会になくてはならない企業になるとともに、そこで得た収益を適切に社会に還元して行けるようにならなければと考えています。

これは、持続して行ける企業の第一条件であり、弊社の目指す循環型企業とは、そうした意味でのものです。

 まず、『会社』=『社会』と、会社を『最小の社会』と捉えて、勤務する社員を、社会情勢の変化や、個人的な年齢その他の事情があっても継続して勤務できるように、会社内にそうした人的な循環(入社~定年)を生めるようにと努力しております。

これが弊社の考える循環型企業の一つ目の姿です。

 その実現のため、内部の人事規定を整え、人事施策を明確にするとともに、関連事業に踏み出し雇用の吸収弁を作るようにしました。

 そして、ユニセフへの寄付は、それをさらに会社の属する『世界』という単位の社会に広げて考えたものです。

 なかなか理想通りにいかず、苦労しているのは事実です。

 同じ条件であれば、他と比して劣るもののないものをと考えても、内部に入り、それを受益する者の立場になれば、自分の中での過去や周囲の人間関係での比較にとらわれ、会社としては良いことをしたつもりが、過去との比較や周囲との比較から、より強い希望をあおる結果になり、逆に不満足を生んでしまったり、又、そもそもリーマンショック以降は、本体事業の運営自体も非常に厳しい環境に置かれており、理想を通すことが難しくなっています。

 又、そのリーマンショック以降は、いかに正当な請負、製造業をやっていましても、その法律の中で、どうしても派遣契約を結びざろうえないものがあれば、それだけで、今の世の中は、派遣業を社会悪と捉える風潮がありますので、悔しい思いをすることも少なくありません。

しかし、常に思うことですが、弊社は、弊社社員の総体で成り立っています

弊社の社会貢献への取り組みは、こうした考え方を背景にもってのものであり、そして、今もその理想に進む姿勢を貫くと、何とか踏みとどまっています。

ユニセフ、養護施設等、その他への寄付は、税法上の問題から、一定金額以上や一部のものは、その寄付した金額にも税金がかかってしまうなど、会社運営上、難しい部分もあります。

しかし、頑張れるところまで頑張ってみようと弊社は考えております。

弊社は、弊社社員の総体で成り立っています、弊社の社員はそうした考え方をもったものたちです。どうか何かのご縁がありましたら、弊社社員の応援をおねがい致します。温かくご理解いただく事が出来れば、とても幸せです。

弊社には、母子家庭出身者、付し家庭出身者、また現在寡婦(寡夫)として働く方が非常に多い会社です。代表者を含む役員にも同様の境遇を持っている、又は知っている方が多く、そうした事情を持った方の採用を積極的に行ってきました。

そして、これも一つの社会貢献とも考えています。そしてそれを会社を通じて、社会に良い形にしてお返しして行きたいと考えています。

 ユニセフ支援

ユニセフ感謝状

 J's Factoryは、毎年ユニセフに一定額の寄付を行うとともに、決算期に利益計上の出来た場合は、社会への御礼を込めて、その時の正社員数に一万円を乗じる金額をユニセフに寄付しております。

たまたま生まれた環境で、人生の多くが決まってしまう、運命と言えば運命なのかもしれませんが、私たちは素直にそうは思いません。

そこに、金額は小さいかもしれませんが、私たちが寄付をすることで、人生を異なる より良い形で掴みなおせる方が一人でもいたらと願っています。

皆が『生まれてきて良かった』と言える社会であって欲しい。そう思える何かを私たちJ's Factoryも一つは作りたい。又、それが本当の社会貢献であると私たちは考えています。

正社員数に乗じるのは、社員一人一人が自分が一生懸命仕事をした成果で幸せになっている人がいると実感して欲しいからです。私たちは、事業の進捗とともにでありますが、独自の方法で日本旧来の終身雇用と家族主義を実現したいと願う企業です。

より多くのものを社員化できるかどうかは、実業において社会に評価される仕事をしているかどうかにかかわる事ですが、社員となってどうなってゆくかを示し、それにより社員になりたいというものをここでも思ってくれる方がいればと思います。

そうした方を一人でも多く生み出せれば、それも一つの社会貢献ではないかとも考えています。

2016感謝状授与 財団法人 日本ユニセフ協会
ユニセフは、皆さんもよくご存知の『世界の子供たちの命と健康を守る』ために活動している国際機関で、現在、世界150以上の国と地域で様々な支援活動を展開しています。
日本ユニセフ協会

 養護施設への寄付

子供たちからのメッセージ

 会社の運営状態に依ってしまいますが、もう何年も弊社では養護施設にいらっしゃる子供たちの一人ひとりに対してプレゼントを

子供たちからのメッセージ

「生まれてきてくれてありがとう」

のメッセージとともに届けております

自分の子供を見るたびに養護施設の子供たちにもそれを届けたい、又、私たちがそう思っていたいと弊社の社員・スタッフは考えています。

会社の成長に合わせて少しずつメッセージを届ける地域を広げたいとも思っております。

子供たちからのメッセージ

今はまだここまでしか出来ておりませんが、いつか地域を広げるとともに、進学のための基金を設立する事を目標にしています。

又、「何かあったら、いつでもおいで」と心のセーフティになりたい、無償の愛情を注ぐ親のようになりたいと思っています。

東日本大震災 支援部隊派遣

弊社も、宮城県名取市と福島県郡山市に営業拠点を構えておりますので、ある意味では被災者と入れるのかもしれませんが、何より、これ迄お仕事を頂いてきた地域の方がになんとか恩返しをしたいと考え、行動を起こす事を決めました。
  					弊社は、30名を超える支援部隊を編制し、3月17日から3月23日にかけて、物資の豊富な九州、西日本を中心に弊社の各拠点で合計役1500万円の物資を購入し、被災地(宮城県、福島県)に直接お届け致しました。又、宮城県と福島県に各500万円、合計胃1000万円の義援金んを寄付致しました。直接的にできるのは、弊社の事業規模ではこれが限界です…
  					これ以上は弊社が彩服なってしまいます…。そして今現在は、可能な限り被災地の方を雇用しようと、県外になってしまいますが、弊社にて、埼玉県と栃木県に住居を準備し、その雇用において行政の方々に就業希望者の連絡協力をお願いしております。 物資の輸送中に沢山の方々に応援を頂き、又物資を拠出していただきました。皆様のお心は物資と共に確かに届けさせて頂きました。ご協力に感謝いたします。
					ヒロコーポレーション株式会社、東築城保育園、宮部歯科、ウエノヤビル株式会社、西松屋みなとみらい店、ユニクロ横須賀モアーズシティ店、ビルネット神奈川支店、ファッションセンターしまむらホームズ新山下店、川越市地域包括支援センター連雀町、株式会社ジャパンケアサービス、ハッピー川越中央居宅介護支援事務所及びヘルパーステーション、
					株式会社みのや本社、株式会社ブレーンコーポレーション、株式会社アイ電子工業、株式会社クボタ宇都宮工場。その他、多くの企業様、個人の皆様より匿名でのご協力を頂きました。